医療職志望の諸君へ! 資格や仕事内容、職場選びで参考になる情報をお届けします。

介護施設勤務を検討する場合のポイント

介護施設を職場に選ぶ看護師の数は年々増加しています。病院や診療所と比較すると体力面の負担が少なく、日勤を中心に働ける職場が多いといったメリットがあるからです。

医療スタッフが不足しがちな介護施設においては、高収入の看護師の求人募集が行われることもあり、数年以上の実務経験がある人については、恵まれた待遇で働くことができます。また、ブランクのある人や若手のスタッフの受け入れに積極的な介護施設では、一人ひとりの看護師の経験年数や得意な業務などに応じて、集合研修や各職場内で先輩による指導が行われることもあります。そのような施設なら、看護スキルに自信がなかったり、介護施設勤務が初めてだという人も、安心して働くことができるでしょう。

ただし、要介護度の高い利用者が多く入所している介護施設では、ベテランの看護師を好む傾向にあるようです。なぜなら、経験豊富な看護師なら、管理職として登用し、責任のある業務を任せることができるからです。そのため、求人票をもとに看護師の業務内容や仕事量にこだわって職場を決めることが大切です。

また、施設によっては働きながら介護支援専門員などの資格を取得したり、介護業界で役立つスキルを身につけようとする人をバックアップしてくれるところもあります。その他、各地の病院やクリニックと連携をしている介護施設なら、将来に再び医療機関に戻る際にも、採用担当者を紹介してもらえるケースもあります。したがって、子育て期間中のみなど、一時的に介護施設で働く場合は、応募先の施設がどんな医療機関と連携しているのかもチェックしておくと良いかもしれません。